保育の特徴

いきるちから ~未来で活躍できる子ども達を育てます~

将来につながる生きる力とは。

★体を育てる

生活リズム

生活習慣は子ども達にとって心と体のバランスをはかる大切な習慣です。
「食べる・排泄する・寝る・着替える・清潔にする」ことは心と体のバランスを整え、子ども達が元気に成長することにつながっています。自分のことが自分でできることは、生活や学習への意欲にもつながっていきます。
生活リズムをしっかり整える乳幼児期を過ごしていきたいと考えています。

★心を育てる

コミュニケーション

世代交流

ルールを守ることや、思いやりを持つといった心の育ちは、自己肯定感が基本になるといわれています。
自己肯定感は自分を大切にできるということ。
アゼリー保育園では、隣接するグループ施設との世代交流を通じて、世代を超え沢山の人と接する中で豊かなコミュニケーション力を育てていきたいと考えています。
またコミュニケーションだけでなく世代交流においては、収穫やクッキングなどを通して交流を行っています。

★知を育てる

読む力

0歳児~3歳児は保育士からの読み聞かせで沢山のお話しに触れる機会を大切に取り組んでいます。
年中クラスから月刊誌を個人でもち、読むことを楽しんだり本をとおして様々な事に興味を持ち取り組む時間を作っています。
本に触れることで考える力、想像する力、表現する力、集中力、他人への共感力につなげていきたいと考えています。

より活躍するための生きる力とは。

★運動遊びと音楽遊び

体幹運動

子どもの体幹を育てると意欲や自信を持つ子になるといわれています。子どもたちと楽しみながら遊びの中で取り組んでいます。
音楽に合わせて体を動かしたり近隣の広場や園内の遊戯室を使い体を動かして楽しんでいます。

★英語あそび(ALTによる)

英語にふれる

「楽しく・讃える・伸ばす」をモットーに遊びで身につく英語指導を行っています。 座って覚えるのではなく、楽しく体を動かし、遊びの中で英語を身につける活動を2歳児クラスから取り入れています。
ほめて、讃えて、認めて、子どもを伸ばすことが、ピーター先生、ライアン先生の園児や我が子への教育方針です。

★プログラミング教育(年中児・年長児)

論理的思考

「キュベット」というロボットを使い、パネルを使いロボットに
指示をだし学ぶ教材を使用します。
カラフルなブロックを組み合わせてパネルにはめ込むことで、コーディングの概念も学びます。
遊びの中でストーリーを組みたてながら、論理的な思考力を育てたいと考えています。

 

一つ前のページへ戻る

入園をお考えの方